Tokyo Night

美しい東京の夜。そうでじゃない東京の夜。ぜんぶ東京の夜。

最近よく言われるイラストの相場について、今思うこと

f:id:tokyonight:20170614165212j:plain

なんだか最近、イラストレーター界隈での相場問題の話題をよく耳にします。

「あ~なるほどね」という部分もありますが、どちらかというと全体的に異議ありなので今の時点で思うことをかいてみます。(※ちなみに私はイラストを描かない側の人間です

 

 立場が違えば意見も違うし、色んな意見があるのは分かるけど、この方の意見はウンウンと頷けます。

 

 

私も仕事上イラストレーターさんに依頼をすることがあります。

そのたびにまず最初に「使う用途、描いてほしい人数、構図、サイズ、背景のありなし」など、依頼を検討している段階で決まっているおおまかなことをお伝えします。

そして、その内容だとおいくらほどになりますか、と聞いています。

 

最低3万~5万と声を大にして言っている人が目立つ中、「それだと1万円~、人数が増える&書き込みが増えるにつれて交渉していきたいです」という人が意外に多いのです。フォロワーが5桁を超えていて、ファンが多く、画集を出しているようなファンの多いイラストレーターさんだとしても、です。

 

インターネットの普及で以前に比べてイラストを描く人がそれをお金に変えられる場所が圧倒的に増えました。

 

「安い金額で請け負うと業界の相場が下がる!!」

という意見、私にも分からなくもありません。それで食べている人にとっては当然、死活問題です。

 

でもね、業界の相場が下がっても、生き残る人は生き残る。その価値がない人は淘汰されていくだけでしょう。これはしかたのないこと。

 

たとえば分かりやすいところで言うと、ジェルネイルもここ数年で相場が一気に下がりました。安いサロンだと、ワンカラー2000円くらいでできちゃうところもある。そうでなくても、ワンカラーだけなら4000円も出せばできるサロンが多くなりました。

でも、ジェルネイルの出始めの頃はこれよりも高かったです。ジェルネイルという市場の相場が、サロンが増え、資格を持つ人が増えたことにより下がったわけです。

 

「ネイルぅ??イラストがどれだけ大変でどれだけ時間がかかるかわかってるのか」と言う人がいそうなので一応言っておきますが、ネイルも技術職です。国家資格ではないけれど、ほとんどのネイリストさんが持っている資格があるし、技術を修得するのにお金も時間もかかります。

 

ツイッターで大騒ぎしていたイラストレーターの方が言っていたなぁ。

「これが描けるようになるまでにかかった時間分も料金に入れなくては」みたいなこと。

 

これをみたとき、失礼ですが正直に言えば、はぁ?馬鹿かと。そう思いました。

 

どんな職業の人も、お金を稼ぐようになれるまで色んなこと勉強してるし訓練してるよ。たとえば事務の人だって生まれて急にパソコンができたわけじゃない。「パソコンができるようになるまでにかかった分の時間と勉強量~」なんて言わないでしょ。

イラストレーターは特殊な技術を持ってるけど、それを修得するまでの時間は特別でもなんでもない。当たり前の努力なわけ。そこを料金に入れるか否かは個人の自由だけど、そんなことを大ぴっらに言うのは程度が低い。

 

そもそもね、お金を稼ぐということは、ある程度のマーケティングが必要なわけです。

全体の相場が下がったなら、それ以上の価値の物を提供するか、価格を下げたりして自分のサービスなり商品なりを売らなきゃいけないわけ。

 

「相場が下がるから安く請け負うな!!」なんて、見当違いも甚だしいわけ。

 

相場以上の価値があるなら、業界の相場が下がっても買う人はいるよ。それでだめならあなたの作り出すものにはその価値がないだけ。

 

どんなにプチプラのアパレルブランドが流行っても一流ブランドが廃れないように、どんなにジェルネイルの相場が下がっても高価格サロンが生き残るように、それ自体にきちんと価値があるなら相場なんてものは関係ないんですよ。相場以下でしか勝負できないのなら、それだけの価値しかないだけ、それだけなんですよ。

 

あと、よくある意見で「かかった時間で計算」みたいな人もいるみたいですが、仮にフリーで活動するならいわゆる時給で計算しているうちは絶対に思うように稼げないので、自分の首を絞めることになります。

 

「これだけの時間がかかったんだからこのくらいの値段」「時間がかかりそうだからこのくらい」こういうのは、限界があるからね。だから相場うんぬんで文句が出てくるんですよ。

 

提供しているのは、「時間」ではないことをまずは頭に入れないと文句しか出てこないと思う。

 

(※もっというと、早く描けるというのも技術のひとつだからね。こんなに時間がかかるのにこんな値段で…とか文句言うのは違うからね。)

 

イラストレーターで食べていける人というのは限られてるというのは紛れもない事実ではあります。だからこそ、「相場を下げるな」なんて甘えたことを言うな、と思います。

 

食べていけなくなったなら、その人にはイラストレーターとしての腕がなかっただけです。諦めて別の仕事をするなりしなければいけない。技術職ってそういう世界だからね。

 

逆に、価値のあるものを生み出せる人はいくらでも稼げる。相場なんて関係なしに。

 

「描くのをやめる人が出てきてしまう?」

やめたいならやめるしかない。生活できないなら他の仕事をするしかない。それでもイラストを描き続ける人はいる。アイドルや役者を目指す人と一緒。そこを履き違えるべきではない。

 

 

あなたに描いてほしいです、

あなたにやってほしいです、

どんな値段でも関係なく。

 

それが本当の技術であり、クリエイターなのではないかな、と思うのでした。