Tokyo Night

美しい東京の夜。そうでじゃない東京の夜。ぜんぶ東京の夜。

それは、『誰の目線』で言うのか? ライターがブログを書くときに気をつけるべきこと

f:id:tokyonight:20170722002803p:plain

最近、ライターさんの記事を読むことが増えました。

 

私はフリーで活動しているわけではなく、会社に雇われて文章を書いています。

 

会社の仕事では、書く文章、方向性などはある程度まかされており、「この方法ではどうか?」「この前はこういう反省点があったからここを直そう」など、様々なことを仕事として試すことができています。ありがたいことに。

 

ただ、自分が主体になることも少なくないため、どうしても「これで本当に良いのか?」という壁にぶつかります。自分がどこに立っているのか、どこに向かうのか、やっていることが正しいのか?分からなくなります。

 

会社の仕事とは別に個人で請けている仕事もありますが、これも修正のない自由に書いて良い案件のため、どうしても方向性が分からなくなるのです。

 

そこで、いろんなライターさんのブログを読むことにしたんです。

 

実績として記事公開をされている方もいるので、時間があるとそれを読み漁ってます。

 

「これは読みやすいし分かりやすいな」と思うものから、「このくらいの内容でいいんだ」と思うものまでさまざま。

 

まぁ、実績として公開されている記事はクライアントさんがOKを出したものなんだろうし、それで良いんでしょう。なんか本当に上から目線になってしまうけど、素晴らしいものが本当に多い。すごすぎて悔しさを覚えることもあるし、その逆もあります。

 

ただ、私が注目しているのは過去の実績ではなくて、ライターの方のブログの内容に注目しています。

 

ブログで何を書くかは自由、本当に自由

当然ですが、ブログで何を書くかは自由です。

 

ちなみに私は、このブログ、そして同じ名義でやっているツイッターは、本アカウントとは切り離しています。本アカウントはクライアントさんが多いのと、内容・ジャンルがかなり違っているため、言いたいことを言えないからです。

 

ほぼ匿名状態のここで、何をエラそうにと思われるかもしれませんが、好きなこと書きたいので言いますね。

 

ブログを自分のブランディングとして使っているライターさん、好きなことを書くのは大切です。私はこの言い方があまり好きじゃありませんが、いわるゆオピニオンブログ的な内容でやっている方も少なくないと思うんです。

 

ただ、「これはブログだから」と、安易に発信する前に一度立ち止まってみた方がいいことが必ずある。あります。活動しているライター名と同じ名義でやってるならなおさらです。

 

それ、『誰の目線』で、誰のために書いてますか?

最近、読んでいて引っかかった記事があります。

 

フリーライターの平田志帆さんのブログのひとつの記事です。

 

平田さんのホームページは作りもしっかりしているし、ブログのタイトルも実に興味を引かれるものが多いです。

 

さくっと読めるものが多かったので「なるほどね~」と思いながら興味深く読んでいたんですが、ひとつだけ「おや?」と思った記事がありました。

 

それが、セミナーの集客に関するこちらの記事。

hirata-writer.com

 

「うんうんなるほど!確かにね!」と思ったのは、

自分がセミナーを受ける側だと仮定してください。
「たった一人しか来てないのか。やる気が出ないな」と考える講師と、「マンツーマンだからじっくり話せる。今日のお客さんはラッキーだ」と考える講師の、どっちのセミナーを受けたいでしょうか?

というところ。

 

もし、セミナーに1人しか集まらなかったとしても、こういう心構えでいるのは大切ですよね。改めて気づかされました。

 

でも、この続きに引っ掛かりを覚えたのです。

 

ネットを検索すると、「集客力アップ」「集客コンサルタント」「効率的な集客方法とは」などの集客ビジネスが盛んですが、私は「集客」という言葉自体が嫌いです。
 「客が集まる」って、明らかに主催者視点じゃないですか。
 「みんな、今日は僕のために集まってくれてありがとう!」みたいな。

ごく一部のカリスマ講師を除けば、お客さんは講師に集まるのではなく学びに「行く」のです。

 

これ、言ってることは確かにその通りと言えばその通りなんですけど、なぜこの記事で急に集客を否定したのか、どうしても解せぬ。

 

これ、必要だった?いらなくなかった??

 

この記事を誰が読むのか想定しているか?

要するにですね、平田さんが「集客が上手くいかずにやる気がでない?」と尋ねている人、つまり、この記事を読むであろう人は、そもそも根本は「集客が上手くいかない」ということに悩んでいるのです。

 

「集客」したいんです。

そこを否定してしまっては、ガッカリな記事になってしまう。

 

私がセミナーの集客が上手くいかないことに悩んでいたとしたら、「集客が嫌いって何…。“客が集まる”が主催者視点って…。主催者なんだから当たり前やん…。」って思うと思う。

 

例えば「いきなり店長を任されたら!?リーダーシップ力アップセミナー!」みたいなセミナーの集客が上手くいかなかったとします。

 

このセミナーをやる人は「リーダーシップ」のスペシャリストであって、集客のスペシャリストではない。そこで人が集まらなかったら「集客 うまくいかない」で検索する可能性があります。そしてこの記事に辿り着くかもしれない。

 

そのときにこれを読んだら、どう思うだろう。それは、その人にとって知りたい、もしくは必要な情報なのか?ということです。

 

つまり、平田さんがこれを言いたかったんだとしたら、「人を集めるには、まずはお客様目線になろう」というような記事で言うべきだった、と思うのです。本当に。

 

間違っても「集客が上手くいかない人」に言うべきではない。

 

もっと深いところに突っ込むと…

さらに重箱の隅をつつくようなことをします。

 

もっと突っ込むと、おそらく平田さんの中で途中から「集客力アップセミナー」を開催している人に向けた内容に変わってしまったのではないかと感じました。

 

恐らくこれが、ブログではなくお仕事として書いた記事だとしたら、当然「誰に向けて書くのか」「どんな人が読むのか」「伝えたいことは何か」最低限この骨組みはしていたと思うんです。

 

ただ、ブログであるがゆえに、そこがすっぽり抜けてしまった。だから軸がズレてしまった。そう思うんです。

 

「集客力アップ」「集客コンサルタント」「効率的な集客方法とは」こういった内容でセミナーをする人は、当たり前だけどそのセミナーも満員御礼でなければいけません。

 

セミナーにさえ人集められないのに、どうやって集客すんのかと。つまりね、そこは突っ込まなくても良いんですよ、別に。

 

集客力アップセミナーをする人は「集客 上手くいかない」って検索しないし、ならない。なってるんだとしたら、その仕事向いてないし、極端に言えばもはや詐欺だからね。

 

私が最近、本業の方でまさに集客力アップのセミナーについての仕事をしているから過敏になってるだけなのかもしれませんが…。

 

すごくすごく気になってしまった。

 

あなたのブログを読んでいる人はクライアントになり得る

ブログやHP、最近ではツイッターなどがきっかけで仕事の依頼を受ける人も多いですよね。

 

繰り返しになりますが、ブログって、自由に書けるからこそ大切な部分がすっぽり抜けちゃうんですよ。

 

例えライターとして仕事をしていても、人間なのでわけわかんない文章になっちゃうことって絶対ある。

 

ただ、仕事とブログを実名で結び付けてる以上、軸だけはズラしちゃいかん。

 

「あれ?この記事、言ってることがなんか変だな?」「ちょっとすり替わってないかな?」そう思われたら、縁はないです。

 

特に、高額で依頼をくださるクライアント様ほど、こういう細かい部分もちゃんと見ています。見てくれています。

 

気楽に書けるのがブログの良いところですが、それゆえのちょっとしたミスもあるということをお忘れなきよう。

 

私もこのあたりがすっぽり抜けちゃうことがあるので、改めてちゃんとしようと思った次第です。

 

夜も更けてきたので、そろそろ言ってることが支離滅裂になりそう。今日はもう寝ます。

広告を非表示にする

最近よく言われるイラストの相場について、今思うこと

f:id:tokyonight:20170614165212j:plain

なんだか最近、イラストレーター界隈での相場問題の話題をよく耳にします。

「あ~なるほどね」という部分もありますが、どちらかというと全体的に異議ありなので今の時点で思うことをかいてみます。(※ちなみに私はイラストを描かない側の人間です

 

 立場が違えば意見も違うし、色んな意見があるのは分かるけど、この方の意見はウンウンと頷けます。

 

 

私も仕事上イラストレーターさんに依頼をすることがあります。

そのたびにまず最初に「使う用途、描いてほしい人数、構図、サイズ、背景のありなし」など、依頼を検討している段階で決まっているおおまかなことをお伝えします。

そして、その内容だとおいくらほどになりますか、と聞いています。

 

最低3万~5万と声を大にして言っている人が目立つ中、「それだと1万円~、人数が増える&書き込みが増えるにつれて交渉していきたいです」という人が意外に多いのです。フォロワーが5桁を超えていて、ファンが多く、画集を出しているようなファンの多いイラストレーターさんだとしても、です。

 

インターネットの普及で以前に比べてイラストを描く人がそれをお金に変えられる場所が圧倒的に増えました。

 

「安い金額で請け負うと業界の相場が下がる!!」

という意見、私にも分からなくもありません。それで食べている人にとっては当然、死活問題です。

 

でもね、業界の相場が下がっても、生き残る人は生き残る。その価値がない人は淘汰されていくだけでしょう。これはしかたのないこと。

 

たとえば分かりやすいところで言うと、ジェルネイルもここ数年で相場が一気に下がりました。安いサロンだと、ワンカラー2000円くらいでできちゃうところもある。そうでなくても、ワンカラーだけなら4000円も出せばできるサロンが多くなりました。

でも、ジェルネイルの出始めの頃はこれよりも高かったです。ジェルネイルという市場の相場が、サロンが増え、資格を持つ人が増えたことにより下がったわけです。

 

「ネイルぅ??イラストがどれだけ大変でどれだけ時間がかかるかわかってるのか」と言う人がいそうなので一応言っておきますが、ネイルも技術職です。国家資格ではないけれど、ほとんどのネイリストさんが持っている資格があるし、技術を修得するのにお金も時間もかかります。

 

ツイッターで大騒ぎしていたイラストレーターの方が言っていたなぁ。

「これが描けるようになるまでにかかった時間分も料金に入れなくては」みたいなこと。

 

これをみたとき、失礼ですが正直に言えば、はぁ?馬鹿かと。そう思いました。

 

どんな職業の人も、お金を稼ぐようになれるまで色んなこと勉強してるし訓練してるよ。たとえば事務の人だって生まれて急にパソコンができたわけじゃない。「パソコンができるようになるまでにかかった分の時間と勉強量~」なんて言わないでしょ。

イラストレーターは特殊な技術を持ってるけど、それを修得するまでの時間は特別でもなんでもない。当たり前の努力なわけ。そこを料金に入れるか否かは個人の自由だけど、そんなことを大ぴっらに言うのは程度が低い。

 

そもそもね、お金を稼ぐということは、ある程度のマーケティングが必要なわけです。

全体の相場が下がったなら、それ以上の価値の物を提供するか、価格を下げたりして自分のサービスなり商品なりを売らなきゃいけないわけ。

 

「相場が下がるから安く請け負うな!!」なんて、見当違いも甚だしいわけ。

 

相場以上の価値があるなら、業界の相場が下がっても買う人はいるよ。それでだめならあなたの作り出すものにはその価値がないだけ。

 

どんなにプチプラのアパレルブランドが流行っても一流ブランドが廃れないように、どんなにジェルネイルの相場が下がっても高価格サロンが生き残るように、それ自体にきちんと価値があるなら相場なんてものは関係ないんですよ。相場以下でしか勝負できないのなら、それだけの価値しかないだけ、それだけなんですよ。

 

あと、よくある意見で「かかった時間で計算」みたいな人もいるみたいですが、仮にフリーで活動するならいわゆる時給で計算しているうちは絶対に思うように稼げないので、自分の首を絞めることになります。

 

「これだけの時間がかかったんだからこのくらいの値段」「時間がかかりそうだからこのくらい」こういうのは、限界があるからね。だから相場うんぬんで文句が出てくるんですよ。

 

提供しているのは、「時間」ではないことをまずは頭に入れないと文句しか出てこないと思う。

 

(※もっというと、早く描けるというのも技術のひとつだからね。こんなに時間がかかるのにこんな値段で…とか文句言うのは違うからね。)

 

イラストレーターで食べていける人というのは限られてるというのは紛れもない事実ではあります。だからこそ、「相場を下げるな」なんて甘えたことを言うな、と思います。

 

食べていけなくなったなら、その人にはイラストレーターとしての腕がなかっただけです。諦めて別の仕事をするなりしなければいけない。技術職ってそういう世界だからね。

 

逆に、価値のあるものを生み出せる人はいくらでも稼げる。相場なんて関係なしに。

 

「描くのをやめる人が出てきてしまう?」

やめたいならやめるしかない。生活できないなら他の仕事をするしかない。それでもイラストを描き続ける人はいる。アイドルや役者を目指す人と一緒。そこを履き違えるべきではない。

 

 

あなたに描いてほしいです、

あなたにやってほしいです、

どんな値段でも関係なく。

 

それが本当の技術であり、クリエイターなのではないかな、と思うのでした。

 

 

広告を非表示にする

トーキョーナイトのはじまり

f:id:tokyonight:20170614115835j:plain

文章を書く仕事をはじめて数年。会社に所属してるタイプのライターです。

 

「これはなぁ」と思うようなことを書く場所がないなぁ…と気が付きました。

 

自分ってどういう思いを持ってる人間なんだろう?というのを見つめ直すべく、ブログやらツイッターやら、いろんな界隈で日々浮かんでは消える意見に賛同したり、ちょっと自分は違うかも、というのを吐き出せる場所ようなにします。

 

あまり更新頻度は高くないかなと思いますが、「あぁ…ちょっと私の思うこと言ってすっきりしたいかも」というときに書いていけたら。

 

当然自分も完璧ではありませんが、人のことを思いやれない、自分本位な意見の記事を読むのが一番苦痛かな。「えぇ~!?」って思いたいし、変態だから読んじゃうんですけどね。同意できる記事もそうでない記事も、色んな人の意見を読むのは好きです。

 

 

広告を非表示にする